腸内環境

元気な人の腸内環境

腸内フローラを正常化

 

元気な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着や繁殖を抑制しているのです。
簡単な話、善玉菌が腸内フローラをコントロールしてるといってもよいと思います。
また、善玉菌には、悪玉菌が作り出した有害な成分を体外に排泄するのを協力したり、
免疫細胞を活発化し病気になり難くしたりとする効用もあるといわれています。

 

しかし、この腸内フローラのバランスはちょっとしたことで簡単に崩れしまうのです。
例えば身体の調子・食事内容・年齢層・プレッシャー・抗生物質などの薬の服薬…
といった、さまざまな原因によって腸内フローラは日ごと変化し続けるのです。

 

腸内フローラの割合が乱れ正常でなくなると私たちの体ではどんな事が起こるのでしょうか?
何かの要因で、腸内の悪玉菌が優勢の腸内フローラになると、悪玉菌がつくりだす有害な成分が増えます。

 

この悪玉菌が作り出す有害な物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけではないのです。

 

有害な物質は腸から吸収されて血液を介してカラダ中をめぐってしまうのです。
そしていろいろな成人病や肌トラブル、肩こり、加齢現象などの原因にもつながりがあるといわれてその他、大きな病気の原因になる事もあります。

 

その他、有害な物質はアンモニアも含まれますので体臭にもつながります。
有害な物質が血液を介して全身に回れば一緒にアンモニアなど嫌な体臭の元も
全身をめぐることになりますので結果体臭がキツクなる事になります。

 

それでは腸内フローラを正常化できれば健康になりますよね?
ではどうしたら腸内フローラを正常化できるのでしょうか?

 

健康状態を管理するには、いつも腸内環境を正常にしておく事が大切で
つまり、善玉菌が優勢な腸内フローラに調整することが大切です。

 

そこで善玉菌が優勢にするためにいつも是非、摂っておきたいのが、善玉菌の代表の乳酸菌なのです。
乳酸菌は腸内で乳酸や酢酸をつくることで、悪玉菌の浸透、繁殖を防ぎ、おなかの不調を予防し調子のよい状況をつくり出すことができるのです。

 

さらに乳酸や酢酸には腸の運動を正常にし活発に機能するよう働きかけるので、下痢や便秘などを改善する、整腸作用があります。

 

便秘改善には腸内フローラの正常化が一番の近道です。

 

乳酸菌を摂ることで善玉菌が優勢な腸内フローラを保つには
乳酸菌のサプリを定期的に摂ることはおススメですね

腸内フローラを正常化


ホーム RSS購読